AGA治療を本格的に始める前に薄毛と生活習慣の因果関係を考えるサイト

これからAGA治療を行っている病院にお問い合わせを行おうとしている男性の皆さんに今一度生活習慣に薄毛との因果関係が無いかを考えて頂く為のサイトです。

1日30本以上喫煙していますが、薄毛に悩んでいます。タバコはagaにもよくないですか?

■タバコは猛毒
喫煙は、さまざまな害がいわれていますよね。肺がんになるとか、血管疾患を引き起こすとか、聞いたことがあるのではないでしょうか?タバコを吸うと、一酸化炭素やニコチンといった猛毒をわざわざ体内に取り込むのですから、全身の健康に悪影響を及ぼします。

1日30本以上喫煙していますが、薄毛に悩んでいます。タバコはagaにもよくないですか?

そうなると、当然頭皮の健康も害していき、agaの進行を早めてしまうのです。

参考・aga 評判 http://hsclinic.jp/

■毛母細胞も酸欠に
agaに関していえば、血管や血液への悪影響を重視しなければなりません。タバコを吸うことによって体内に取り込まれた一酸化炭素は、赤血球中の血色素であるヘモグロビンと結合し、そのはたらきを阻害してしまいます。ヘモグロビンは、通常は酸素と結合して流れていき体中に酸素を送り届ける役割があるのですが、一酸化炭素は酸素の200倍もの結合力でヘモグロビンとくっついてしまうのです。これでは酸素は、どうがんばっても太刀打ちできませんよね。

すると、酸素によって新陳代謝を繰り返す体中のあらゆる細胞が、いっせいに酸欠状態に陥ってしまいます。血液で運ばれてくる酸素と栄養によって髪の毛を作る毛母細胞も同様です。ダメージを受けて機能が低下し、新しい髪の毛を生み出せなくなるのです。

■ニコチンはドロドロ血を作り出す
おまけにニコチンは、血小板に影響して血栓のもとを作り、血液をドロドロにしてしまいます。そして恐ろしいことに、血管自体を細めてしまう作用を持っているのです。一度血管が細くなってしまうと、急いで禁煙をしたとしても、元通りになるのは困難です。

こうして血液や血管の質を劣化させて、頭皮の元気をどんどん奪っていくのですね。

■ほかにもある有害物質
タバコの毒は、一酸化炭素とニコチンだけではありません。実に200種以上の有害物質や、60種もの発ガン性物質が入っているのです。こうした物質が体内に入ると、体は必死に排出しようとしますが、毛穴も排出器官であり、髪の毛は排泄物でもあるので、有害物質が髪の毛に溜まっていくのですね。

そして毛穴や髪の毛も質が落ち、うまく髪が育たなくなってしまいます。

■今すぐ禁煙を!
タバコは百害あって一利なしです。頭皮にとっても然りです。agaが心配なら、今すぐにでも禁煙しましょう。早ければ早いほど、薄毛リスクを低くおさえられますよ。