AGA治療を始める前に薄毛と生活習慣の因果関係を考えるサイト

これからAGA治療を行っている病院にお問い合わせを行おうとしている男性の皆さんに今一度生活習慣に薄毛との因果関係が無いかを考えて頂く為のサイトです。

aga治療にはリスクはありますか?

time 2016/04/25

aga治療にはリスクはありますか?

副作用が出るリスク

aga治療には副作用が出るリスクがあります。aga治療薬にはフィナステリドやミノキシジルなどがあります。フィナステリドにはagaの原因となっているジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼと言う還元酵素を阻害する効果があります。

しかし本来は前立腺肥大症の治療に使用されてきた関係で男性機能に関わる副作用が見られます。主な副作用は性欲減退、勃起不全、精子減少などがあります。

稀に肝機能障害と言った副作用も見られます。副作用が出る人は少ないですが、もし出た時にはすぐに使用を中止し医師に相談して下さい。

ミノキシジルには血管を拡張し発毛を促す効果があります。本来は高血圧剤として開発された関係で動悸や不整脈、低血圧などの副作用が見られます。

頭皮に塗って使用する関係で頭皮へのかゆみなどの副作用が出ることもあります。服用するミノキシジルタブレットでは多毛症と言った副作用が出やすいです。

頭部以外の体毛が濃くなってしまいますが、人によっては頭部が薄くなるより良いと言う考え方もあります。

効果が出るかどうか分からないリスク

その他にも効果が出ずに費用ばかり掛かると言うリスクがあります。フィナステリドもミノキシジルも効果は高いですが、全ての人に効果が出るわけでは無いです。

中には効果が出ない人も見られます。フィナステリドもミノキシジルも髪の毛が伸びるのに時間が掛かる関係で3か月以上は使用しないと効果が出たかどうか分からないです。

効果が出るか出ないか分からない薬を長期間続けることが必要です。

リスクを抑えるには

これらの副作用が出るリスク、効果が出ないリスクを抑えるにはagaクリニックで検査を受けると言う対策があります。血液検査では薬の副作用が出やすい体質かどうか、遺伝子検査では将来agaを発症するリスクや薬の効果が出やすい体質かどうかが事前に分かります。

もし検査の結果副作用が出やすいと分かれば別のaga治療を選択できます。血液検査を無料で行っているagaクリニックが一部に見られますので費用を気にせずに受けることが可能です。

遺伝子検査はオプションとなっている場合が多く2万円ほどの費用が掛かります。しかし遺伝子は基本的には一生変わりませんので、一生に一度受けるだけで済みます。

aga治療には副作用や効果が出ないリスクがあります