AGA治療を始める前に薄毛と生活習慣の因果関係を考えるサイト

これからAGA治療を行っている病院にお問い合わせを行おうとしている男性の皆さんに今一度生活習慣に薄毛との因果関係が無いかを考えて頂く為のサイトです。

aga治療には投薬や注入と言う方法がありますので是非一度ご検討くださいませ

time 2016/04/26

aga治療には投薬や注入と言う方法がありますので是非一度ご検討くださいませ

aga治療には主に投薬と注入があります。投薬の場合はさらに内服薬と外用薬に分かれます。

内服薬の成分

内服薬の中で代表的なのがフィナステリドです。agaは毛乳頭に存在する5α還元酵素が血液に乗って運ばれてきた男性ホルモンのテストステロンと結合し、ジヒドロテストステロンへ代謝されることが原因です。

ジヒドロテストステロンが増えてくると髪の毛が次第に細く短くなり、薄毛が広がってしまいます。フィナステリドには5α還元酵素を阻害する効果があります。

1日1mgを上限に1回服用すると3か月から6か月後に効果が出てきます。使用を中止すると効果が切れてまた薄毛が広がりだしてしまうのでその後も継続して服用します。

1型も2型も両方阻害するデュタステリド

5α還元酵素には1型と2型があり、フィナステリドの場合は2型を阻害します。1型については阻害しないのですが、デュタステリドなら1型も2型も両方阻害します。

そのためフィナステリドよりも効果が高いと言われています。

外用薬の成分

外用薬の中で代表的なのがミノキシジルです。agaの症状が始まると毛乳頭や毛母細胞の働きが弱くなりますが、ミノキシジルを頭皮に塗ると血管が拡張され毛乳頭や毛母細胞が活性化されます。

毛母細胞の分裂が活発になり発毛が促されます。ミノキシジルは1日2回頭皮に塗ります。時間を空けて使用したほうが良いので朝晩頭皮に塗るのがベストです。

フィナステリド同様に3か月から6か月後に効果が出てきます。agaクリニックであればフィナステリドとミノキシジルの併用治療が受けられます。

グロースファクター再生療法

注入するaga治療の中で特に期待が大きいのが、グロースファクター再生療法です。グロースファクター再生療法では様々な成長因子を配合した薬を頭皮に直接注入しています。

内服薬は成分が吸収され血液に運ばれて頭部に届きますのでどうしても効率が悪いです。しかし直接注入すれば効率よく成分が届くのが良いところです。

薬の注入方法にはエレクトロポレーション法やダーマスタンプ法があります。エレクトロポレーション法では電流で一時的に隙間を作って薬を浸透、ダーマスタンプ法では極細針が付いた医療用スタンプで微細な穴を開けて薬を浸透させています。

どちらも一般的な注射針より痛くありませんので安心です。治療費は投薬のほうが安く、注入のほうが高めです。